パン理論 基礎コース 2
テーマ『パン作りの基礎知識2』

パン捏ね

定期受講:8,000, 単発受講:9,000
» 日程(クラス)とご予約(このページ下にスクロール)

パン理論基礎コース2回目のレッスンです。単発受講の申し込みを4月1日から開始します。

 

比較実習

パン作りの基礎知識2

2回目は、日本のベーカリーで用いられている代表的な製法とその特徴を紹介します。同じ材料を使っても製法を変えるとパンの出来上がりが変わります。例えば、翌日まで柔らかい食パンを作りたい場合に向く製法、ボコボコと大きな気泡のあるフランスパンを作りたい時に向く製法など、求める効果によって製法を使い分けます。

実習では生地作りを丁寧に行っていきます。生地を捏ねていくと徐々に生地がまとまり、弾力のある状態へと変わっていきます。その後、さらに捏ねるとなめらかな状態へと変化します。パンの種類によってどの程度まで捏ねると良いのかを説明します。手捏ねと機械捏ねの両方を行い、どのような違いがあるのかも比較します。

手作りのパンはすぐに硬くなるのに、売っているパンは翌日まで柔らかいのは添加物が入っているからだと思っている方がいらっしゃいますが、生地をどの程度まで捏ねるかを見極め、そして製法を工夫することで手作りや添加物不使用でも翌日まで柔らかいパンを作ることができます。
今回の実習では中種法を用い、ふっくらボリュームが出て、翌日まで柔らかいパンを作ります。
お楽しみにしていてくださいね!

 

実習パン

  • プチシュガーコッペ
  • テーブルロール
  • クルミブレッド

製法:加糖中種法/手捏ね・機械捏ね

クルミブレッド

» パン理論 基礎コースの概要とカリキュラム

レッスンの日程とご予約方法

ご予約方法

席の確保は先着順です。満席になった場合は、キャンセル待ちのご予約をしていただけます。

ご予約方法は、このレッスンの日程(クラス)と空席状況 ※1 をご確認の上、「予約する」ボタン(満席時は「キャンセル待ち予約」ボタン)を押してご予約ください。
※1) 表示の空席状況は、実際の空席状況とズレがある場合があります(特に毎月1日)。

単発受講の方

ご予約受付を開始時期は「各レッスン初回クラス開催日の2ヶ月前の月の1日」です。定期受講生の予約状況により、予約受付開始時の空き状況は変動します。

キャンセルされる場合、レッスン日の6日前から2日前までは 1,000円、前日・当日は全額のキャンセル料がかかります。

コースレッスン定期受講の方

単発レッスンや現在定期受講中でないコースレッスンの受付開始時期やキャンセル条件は、上の単発受講の方と同様となります。

定期受講中のレッスンは、毎月のご予約は必要ありません。ご自身の曜日クラスをご確認の上ご参加ください。
ご都合で日程の変更をご希望の場合は「開催日3ヶ月前の月の1日」から、同レッスンの空いている日程クラスへ振替をしていただけます。空き状況は定期受講者様用の予約受付中のレッスンのページでご確認いただけます。

キャンセルされる場合、レッスン日の2ヶ月前から2日前までは 1,000円、前日・当日は全額のキャンセル料がかかります。1週間前までに日程の振替ができた場合はキャンセル料はかかりません。

レッスンのご予約

ホームページの空席状況は、最新の状況が反映されていない場合があり、申し込んだ時点ではまだご予約確定ではありません。後日、アラファリーヌより "ご予約確保の可否メール(自動返信メールとは別)" を送信させていただきます。そのメールをもって、ご予約確定となりますので、必ず当教室からのメールをご確認ください。

お申込みのレッスン


当教室での受講
初めてリピーター定期受講生(現時点で)

応用コースは、パン理論基礎コース修了生のみが受講できます。

研究コースは、パン理論応用コース修了生のみが受講できます。

電話番号

郵便番号(ハイフンはあっても無くても可)

住所

年代


確認画面は表示されません
送信前に十分ご確認ください

x このフォームを閉じる