パン理論 応用コース 3
テーマ『1次発酵』

1次発酵

定期受講:9,000, 単発受講:10,000
» 日程(クラス)とご予約(このページ下にスクロール)

パン理論応用コースはパン理論基礎コース修了の方が対象です。
3回目のテーマは1次発酵です。

比較実習

1次発酵の時間を変えて比較

パンにとって欠かせない工程である発酵について学びます。
発酵によって生地はどう変わっていくのか?
発酵終了時の見極め方は?
発酵が未熟成、過熟成がパンの出来上がりにどう影響するのか?
などをご説明します。

実習では、発酵の程度を3段階「不足」「適度」「過度」に分けて比較実験を行い、生地の扱いやすさ、出来上がったパンの形状や香り、食感の違い等を比較します。

※ミキシングはキッチンエイド、または小型スタンドミキサーを使用します。

実習パン

  • 1本編みテーブルロール
  • 4本編みパンリース

製法:加糖中種法/機械捏ね

4本編みパンリース

» パン理論 基礎/応用コースの概要とカリキュラム

スケジュールとご予約

※ 表示の空席状況は、実際の空席状況とズレがある場合があります(特に毎月1日)。

2021年12月08日(水)

14:00-18:00 空席あり

予約する

2021年12月09日(木)

10:00-14:00 空席あり

予約する

2021年12月10日(金)

10:00-14:00 空席あり

予約する

2021年12月11日(土)

10:00-14:00 満席

キャンセル待ち予約

2021年12月21日(火)

10:00-14:00 満席

キャンセル待ち予約